Digital contents asset

デジタルコンテンツアセット事業

 

今までにないプレミアム感を創出

従来のデジタルコンテンツは、誰でも同じものを入手できる反面、希少価値・限定価値は実現されていませんでした。 これに対し、一つ一つのデジタルコンテンツを識別できるブロックチェーンの技術を利用することで、 “数量限定“や”作者のサイン入り“などの希少価値・限定価値を付与したプレミアムなコンテンツの提供が可能になります。

デジタルコンテンツアセット事業イメージ

海賊版対策を行い、権利者・ファンの
権利を守る。

デジタルコンテンツの普及に伴って大きな課題となっているのが海賊版。 ブロックチェーンの特徴であるトレーサビリティおよび改ざん困難性を活かすことで、デジタルコンテンツの違法コピーを防ぎ、 デジタルコンテンツが正規に入手されたものであることを証明します。 正規なデジタルコンテンツの権利を守ることで、出版社・書店、作家・アーティスト、読者・ユーザーの権利保護につなげます。

デジタルコンテンツアセット事業イメージ
健全な形での売買・譲渡・交換を実現

ファン間での売買・譲渡・交換を実現

ブロックチェーンを活用して所有するデジタルコンテンツが自分の“資産“であると証明できることによって、デジタルコンテンツの売買・譲渡・交換が可能となります。手に入れたデジタルコンテンツを適切にファン間で流通させることで、コンテンツへの愛を高め、広く流通させることができます。
作品の貸し借りが可能になる

貸し借りの実現

アナログコンテンツの世界では、本やDVD、ゲームなどを友人同士などで貸し借りすることで作品の素晴らしさが伝わり、作品のファンが拡大しています。ブロックチェーンを活用することでデジタル上でも貸し借りが可能になり、自分が楽しむだけでなく、読者やユーザー同士が繋がり、作品、作家・アーティストの魅力がより多くの人に伝わっていきます。
最強のマーティング・プロモーションツール

トレーサビリティーを生かしたマーケティング

ブロックチェーンを活用することで、購入後も含めたより詳細なユーザーデータを収集することが可能になりました。ユーザーがどの作品を、いつから、どれくらいの頻度で楽しんでくれたかを分析し、より“売れる“コンテンツの制作や販売、マーケティングに役立てることができます。
フィジカルを超える感動体験を届けたい フィジカルを超える感動体験を届けたい

デジタルコンテンツアセット事業の目的は、事業者、表現者、ファンの権利を守り、メリットをもたらしながら優れた作品を届けること。 それに加え、もう一つ実現したいことがあります。それは、現実の世界にある唯一無二の体験をデジタル上でも味わえるようにすること。

アーティストとファンのワンツーワン

例えば、音楽。あなたが好きなアーティストの新曲リリースイベントに参加して、アーティストからサインを貰う。 その瞬間、何千枚、何万枚もあるCDが唯一無二の特別なものになります。 書籍でも同じ。サイン会などで作家やアーティスト、アイドルに小説や写真集にサインをもらい、握手をしてもらうことは、 読者・ファンにとってこの上なく嬉しいことですが、ブロックチェーンを活用することで擬似的な体験をデジタル上でも再現できるようになります。

例えば、作品を購入してくれた人に、リアルタイムでデジタル上でサインを書いて渡すことができます。 作家やアーティストは、ブロックチェーンでの履歴を見て、 「前も作品を購入してくれましたね。いつも応援してくれてありがとう」とその人だけに、特別な感謝を伝えることもできるようになります。

デジタル上で作者・アーティストと読者・ファンとをワンツーワンで結ぶ場 デジタル上で作者・アーティストと読者・ファンとをワンツーワンで結ぶ場

コレクションする楽しみをデジタルでも

漫画やアニメグッズをコレクションし、ファン同士でシェアそれをすることも楽しみのひとつ。 これもブロックチェーンを活用することで、同じように楽しむことができます。

例えば、漫画を買うとデジタル付録がついてきて、それをファン同士で見せあい、ファン同士で売買・トレードすることができます。 自分の好きなキャラクターのグッズを集めたり、ファン同士が交流することで、更に作品を楽しむことができるようになります。

現実の世界でしかできなかった体験、時には現実の世界では味わえなかった感動をデジタルの世界で可能にすること。 それがデジタルコンテンツアセット事業の目指すことです。

もともとメディアドゥは、音楽配信を手がけ、デジタルコンテンツの著作物の取り扱い方、 印税の支払いなど著作物流通に関する様々な技術とノウハウを積み重ねてきました。 それを電子書籍でも活かし、Amazonに次ぐ世界第2位、国内トップの電子書籍流通事業者となっています。

デジタルコンテンツ流通に関するあらゆるノウハウを持つとともに、数多くの出版社・書店の皆様方とお取引をいただき、 信頼関係を築いているメディアドゥだからこそ先頭を走り、 舵取り役となってデジタルコンテンツの新たな流通の場、プラットフォームづくりを行い、責任と使命を果たしていきます。