Interview

インタビュー

小さなチャレンジが大きなイノベーションにつながる。 トライを楽しむタフなチームをつくりたい。

技術本部長

井上 智裕

小さなチャレンジが大きなイノベーションにつながる。 トライを楽しむタフなチームをつくりたい。

――入社の経緯と現在の業務内容を教えてください。

私は、2019年にメディアドゥと合併した出版デジタル機構に所属していました。出版デジタル機構で電子書籍の取次事業に携わり、取次システムの開発責任者として長年従事。現在は技術本部長という立場でエンジニアリング組織全体のマネジメントを任されています。

 

技術本部の業務は多岐に渡り、システムの開発・運用から、サーバ保守・運用、コーポレートIT、エンジニアの採用活動など様々です。こうした業務全体が円滑にトラブルなく進められるよう、各案件や管理や調整などを行っています。

 

――営業の経験もあるとお聞きしました。

 

出版デジタル機構の前に大手印刷会社に勤めており、デジタルコンテンツ流通事業の営業として約3年経験を積みました。その後、エンジニアのセクションに異動願いを出してエンジニアになりました。

 

もともと理系出身でエンジニア志望だったため営業に配属されたときは不満もありましたが、営業として多くのことが学べましたので、今となってはプラスの経験だったと捉えています。営業とエンジニア、両方の視点を理解できることが、今の仕事において非常に重要であり、過去の経験が活きていると実感しています。

 

――どんなところに仕事のやりがいを感じますか?

 

あらゆるプロジェクトにおいて、一つの側面で物事が決まることはありません。例えばセキュリティを重視し過ぎると利便性が損なわれるなど、多方面に当事者がいて、多角的に考えていく必要があるため、調整はとても難解です。そのようなときに、全員が100%とは言えないまでも、納得できる内容でバランスよく解決できたときにやりがいを感じますね。

 

――今後、井上さんがチャレンジしたいことを教えてください。

 

メディアドゥは電子書籍の取次として日本一ですが、出版業界はもともと紙の本をつくる業界ですので、紙も大切にしたいと考えています。

 

紙の本には、かけがえのない良さがあります。そして、それをデジタルにすることで別の価値をもつ著作物が生まれます。一つの出版物に対し、紙とデジタルという二つの価値を大切にしながら共存共栄していく。デジタルは進化し続けるメディアですので、どの部分をどうデジタル化し、メディアドゥとして何をやっていくべきなのかということを模索しながらチャレンジしていきたいですね。

 

――井上さんが思うメディアドゥの魅力は?

 

最適な新しい技術を積極的に取り入れていく姿勢と、各エンジニアの個性やアイデアを大切にしており、様々なチャレンジができるところですね。成功・失敗という結果よりも、メディアドゥはイノベーションにチャレンジしていて、それはエンジニアにとっても魅力といえるでしょう。

 

会社として発展していくためにも、このチャレンジしやすい環境は常態化していきたいと考えています。

――メディアドゥに向いているのは、どんな方だと思いますか?

 

変化やチャレンジをいとわない人が向いていると思います。小さなチャレンジがいずれ大きな変化やイノベーションにつながりますので、二の足を踏むのではなく、迷うならやってみるというタイプのほうがいいのではないでしょうか。

――最後に、インタビューをご覧の方にメッセージをお願いします。

 

メディアドゥの事業には大きな可能性がある分、チャレンジが必要となり、時には失敗することもあるでしょう。大切なのは、その失敗から学び、立ち上がること。私は失敗することが1番の学びだと思っていて、トライを楽しむタフなチームをつくりたいと考えています。

 

メディアドゥには若手からベテランまで、個性と才能豊かなエンジニアが揃っています。その中で自分の可能性を伸ばしたい方、ぜひ私たちの仲間になりませんか。たくさんのエントリーをお待ちしています。

 

エントリーはこちら

ENTRY